竹内良訓 ピックアップ動画
平成29年12月定例会 12月7日 一般質問
あいさつ
政治家はセンセイじゃない!
静岡県県議会議員に初当選してから、早いもので間もなく満8年を迎えます。議員になる前の私は、税金の使いみちや行政の施策、政治の動向に対して多くの疑問を持っていました。
それは怒りにも似たものであり、納得できないことばかりでした。
現在、わが静岡県は人口の流出をはじめ、富士山静岡空港の利活用促進、世界文化遺産富士山の保全計画、浜岡原子力発電所の再稼動など、様々な課題を抱えています。
私はそれらに対して、一人の日本人として、静岡県民として、父親として、夫として、ごく普通の目線と感覚で向かい合うことを決して忘れないように、常に心がけています。
それこそが、県民から選ばれた議員本来の役割だと信じているからです。政治家は皆さんの代弁者であり「センセイ」であってはならないのです。これからも、ながされず、ひるまず、媚びず、真正面から「真っ向主張。」をモットーに取り組んでまいります。